英語の発音を極めよう

英語と日本語の違いは少し紹介をしましたが、英語の発音を極めることで英語力を飛躍的に上げることができるのは確かです。
日本人が義務教育で英語を勉強してきたのにも関わらず英語が全くできない人が多いことに疑問を持つ人だっていると思いますが、その主な原因は英語の勉強の仕方に間違いがあるからです。
英語の勉強を英単語を覚える勉強だと思っている人はいませんか?
決して間違いでは無いですが、第一優先でまず英語で覚えなければならないことは英語の発音の仕方なのです。
これは英語を聞き取ることができなければ英語を発音することができない部分に直結しております。
英語の単語を優先して覚えなければならないのは学校の勉強であり、試験や資格に受かる為の勉強なのです。
決して英語ができるようになるためではなくその場しのぎの勉強方法だったという事を理解しておいてください。
ですので勉強をしてきても英語が得意にならないのは発音を重点的に勉強をしてこなかったからなのです。
学校で英会話を中心として勉強することはとても少なかったと思います。
学校によって違いは様々かも知れないですが、自分が経験をした限りではほとんど単語が中心とした勉強方法だけだったです。
つまり発音さえできるようになれば英語はできるようになるとも考えられますし、実際には日常生活の中で使う英単語は2000語ぐらい覚えておけば大丈夫だと言われています。
こうやって考えると今までの勉強は何だっただのだろうかと思いますが、今からでも遅くはありません。
英語の発音を重点的に考えて勉強をすることができるようになれば英語は必ずできるようになります。
今まで単語中心に勉強をしていた人達は発音を重点的に勉強を考えてみると良いでしょう。

キャビンアテンダント